-Story-

権轟学園の教育実習を取り付けた日浦しおりは、学生たちの視姦に耐える日々を送る中、同業者である男性教員からも肉体関係を迫られる。その現場の隠し撮りに成功した不良グループの窪塚康也とその悪友たちは、そのスクープをフィアンセに知らせないことを条件に、日浦の自宅に転がり込む。逆らうことの出来ない日浦に対し、窪塚たちは容赦なく欲望を満たしていく。バニー服、ブルマ、裸エプロンと、男たちのエッチな趣味嗜好で着せ替えられた日浦。大量の白濁液にまみれ、その場に崩れ落ちる。しかし窪塚たちの欲望はこんなことでは治まらない。以前彼らに白濁まみれにされた男装美少女・桐生渚沙は再び体育倉庫へと呼び出される。そこで再会したのは、女装させられた従兄の田邊良行。久しぶりの再会に喜びあうが、お互いの性別が入れ替わった服装に一抹の不安を覚える。その予感は的中し、ふたりはセックスを強要される。嫌がりながらも、ふたりの表情は徐々に快楽のそれへと変貌していく。一方、柊愛希は想いを寄せる田邊の居場所が見つかったことを桐生より知る。喜び勇んで行き着いた先の部屋には、なぜか大きなベッドと拷問器具の数々。事情の説明を求める柊の声は、桐生の耳に届かない。すでに媚薬によって快楽から逃れられない状態の桐生と、いつの間にか同じ部屋にいた窪塚たち。やがてもう一人の被害者・日浦もその場に加わり、阿鼻叫喚の地獄絵図が展開する。やがて崩壊する、3人の女の精神。白濁に塗れた精なる宴は夜通し繰り広げられる……。

HentaiStigma