-Story-

男の名前は『枯木 常考(かれきつねたか)』勤続年数20年になる歴戦の自宅警備員である。彼の父親と再婚した『葛木翔子(かつらぎしょうこ)』と、その連れ子の姉妹『さやか』、『由紀(ゆき)』の弱みを掴んだ常考。枯木家の乗っ取りを企む翔子の魔の手から自宅を守る為、自分への恐怖を植えつけるべく、常考は彼女たちに日々凌辱の限りを尽くす。母娘が新居へ引っ越すその日まで、自宅警備員は業務を遂行する。『玄関』に、『風呂場』に、『ダイニング』に、『スク水』で、『ピンクナース』で、『バニー服』で、家中どこでもいつでも、色んなコスチュームを着せメスたちを蹂躙する。日常の監視も怠らず、標的を更なる恐怖へと陥れる。常考の脅迫に屈した母娘は為すすべなくその体を差し出し、彼女たちの日常は絶え間ない肉欲の日々へとなり果てた。すべては順調に進んでいる。しかし自宅警備員は知らない。自分を見るメスたちの目が、妖しく変化していることに。不法チン入者、発見!! 犯人の3人は、自らの心に火をつけたもよう。これより白濁液噴射体制に移ります……足りるのか、俺の防火剤?

HentaiStigma