-Story-

どれくらいの日が経ったのだろう……担任にバージンを奪われてから、毎日のように担任呼び出され、学園の様々な場所で犯されているため、弥生の感覚は麻痺してきている。だが弥生の理性は失われていない。それを支えているのは兄への一途な想いだった。だが兄とお尻でのエッチをしていた思い出を打ち消すように、担任は執拗に弥生の尻を責めていくのであった。昼休み、兄は元気がない弥生を心配してプレゼントを用意していた。弥生は兄からもらったピンクのリボンの髪留めを早速付けてみる。うれしそうな弥生を見て微笑む兄。だがそんな安らぎの一時は、電話の着信音で引き裂かれてしまうのであった。

HentaiStigma