-Story-

山あいの小さな集落。ひなびた村の古い校舎で、少女の首吊り死体が発見される。少女の名前は「桐島楓(きりしまかえで)」。彼女は事件前、幼馴染みの「小鳥遊葵(たかなしあおい)」に自らの想いを打ち明けていた。葵の記憶に残る、彼女の拗ねた顔、笑い声、重なり合った行為の余韻。葵の脳裏をよぎる、ある疑念。楓が何者かに殺されたことを確信した葵は、行動に移す。ある日、葵は教室内で孤立していた謎の転校生「水無月紫陽花(みなづきあじさい)」に呼び出される。紫陽花:来て… あたしに興味があるんでしょ?(妖艶な雰囲気で)紫陽花は薄ら笑いを浮かべ、楓が抱えていた心の闇、病んでいた過去の事を語り始める。葵の鼻先に迫る、紫陽花の病的なまでに白く、美しい肌。葵の硬く強張ったカラダでは、紫陽花の艶かしい行為に抗えない。紫陽花:あたしは何も知らないわ。……直接カラダに聞いてみる?

HentaiStigma